脊柱管狭窄症とは?

手術は本当に必要?

鈴木接骨院にも1度は脊柱管狭窄症と診断された事のある方は多く訪れます。

その中で気になる点はいくつかあります。

まずは脊柱管狭窄症と診断されたものの、狭窄は軽いから安静にしたり、筋肉をつける事で痛みを減らしましょう。とアドバイスされたという方です。

確かに脊柱管狭窄症は先天的な要因や成長過程も関係するパターンもありますが、これは少数派です。理由はそれが痛みの大半を占めるなら脊柱管狭窄症で困っている多くの方は中々改善せずに手術などの選択肢を取るしか無くなってしまうからです。

ですが現状はそうではありません。手術をしなくとも痛みが改善した方は多くいらっしゃいます。では脊柱管狭窄症の痛みの原因。つまり狭窄を起こしてしまう原因とは何なのか。という話になります。

その多くは体のバランスの乱れや筋疲労からくる骨への負担を逃がせない事。だと思います。

脊柱管狭窄症の狭窄の程度にもよりますが、僅かな狭窄では無症状の方もいます。

しかし、背中や腰の筋肉に触れるとかなり緊張している事が大半です。

この事から、脊柱管狭窄症の多くの原因、そして始まりは関連する筋肉の緊張状態が長く続き、結果として脊柱の狭窄を生んでいると考えられます。

なので、これらの始まりである筋肉の緊張を緩め、バランスを整え、脊柱管への負担を軽減させることこそ根本的な解決なのでは無いでしょうか?

脊柱管狭窄症の痛みや痺れ、そして手術を回避したい方は鈴木接骨院までご相談ください。

Access

所在地や詳しい道順などを掲載していますのでご来院の際にご利用ください

概要

店舗名 鈴木接骨院
住所 福島県いわき市内郷御台境町五反田10ー1
電話番号 0246-38-6836
営業時間 9:00~13:00 15:00~19:00
定休日 日・祝・その他(土曜日は13時まで。)
最寄り 内郷駅から1.8km、いわき駅から2.5km、鶴巻西バス停から130m

アクセス

詳しいアクセス情報やお問い合わせ方法などを掲載していますので、ご来院いただく際の参考としてご利用ください。地域にお住まいの方々がいつまでも健康で暮らせるように、お悩みに寄り添って柔軟に対応いたします。

脊柱管狭窄症?

大事なのは診断名では無いと思う

脊柱管狭窄症は現時点での状態を画像診断から医師が診断した物です。

ですが、狭窄していても症状の無い方、ある方。それぞれいらっしゃり、症状も様々です。つまり診断名を知り、自身の体について知ることは確かに大事ですが、それ以上に大事な事は、いまある症状をいかにして無くすか・良くなるか。ということではないでしょうか?

~作成中~

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事